ついに着工!!建主は何をする?

着工後は地鎮祭を行う

注文住宅を建築する場合、住宅の着工を行いますが、このとき建主は何をしたらよいでしょうか。まず一番にするべきは地鎮祭です。地鎮祭とはそこに住宅を建築することを神様に許可を得るという意味と、そこで住宅を建築するときに事故などがないことを神様に祈ることです。これによって、無事に住宅を建築できるようにします。
地鎮祭を行う場合は、神主を呼ぶ必要があります。一般的に神道で行うのが普通ですが、中には仏式やキリスト教式のものもありますので、自分たちが進行している宗教を選んでもかまいません。特に神主さんと知り合いがいない場合は、建築現場の近くにある神社の神主さんにお願いをしてみるとよいでしょう。神主さんに渡すお礼は3万円から5万円ぐらいが相場になります。

地鎮祭後に何をしたらよいか

地鎮祭を行われた後は、いよいよ工事が始まります。まず基礎工事を行いますが、この時は自分たちで確認をしに行ってもいいでしょう。いい加減な業者でなければしっかりとした工事を行いますが、できるだけ足を運んだ方がより丁寧に行ってくれます。建築する方も、住宅の所有者が熱心である方が業者も熱が入ります。また、どこかで見られているという緊張感があるため、いい加減な工事をしなくなります。
次に上棟式がとり行われます。骨組みだけを組んだ住宅の2階から餅を投げたりすることです。ただ地方によっては餅以外のものを投げる習慣があるところや、全く何も投げないところもあります。上棟式は職人に対しておもてなしをするものですので、飲み物や食べ物などを振る舞うことが多いです。

分譲住宅では、内覧が可能な物件も多く存在し、外観や内装、設備など、様々な部分を自分の目でしっかりと確かめた上で購入できます。