ハウスメーカー?工務店?選び、何が決めて?!

ハウスメーカーの特徴

注文住宅を建築する場合には、住宅建築をどこに頼むかが大事になります。住宅建築をする場合はハウスメーカーと工務店の選択肢がありますが、ハウスメーカーはどのような特徴があるでしょうか。ハウスメーカーは価格がやや高めに設定されていますが、安心した家づくりができるという点では大きなメリットになります。なぜ安心した家づくりをすることができるかといえば、会社自体が大きいからです。小さい会社の場合は、建築途中に倒産してしまったり、どこかに逃げてしまい、契約金だけを払い住宅が建築されなかったりする場合などが稀にあります。ある程度規模が大きいハウスメーカーであれば、そのようなことはまずないでしょう。
また、工期も短いのも決め手になり得ます。

工務店の特徴を知ろう

一方で工務店を選らう場合は価格が安いのが決め手になることがあります。工務店の価格が安い理由は、まずモデルハウスを所有していないことです。モデルハウスを所有する場合には、建築費だけでなく維持費もかかります。頻繁にお客さんが来るため、細かいところまで維持をしなければなりません。全国に複数のモデルハウスがあるハウスメーカーであればそれだけでかなりのお金がかかります。また、ハウスメーカーであればテレビコマーシャルや新聞の一面を使ってコマーシャルをしています。ですが、工務店はモデルハウスも所有していないことが多いですし、テレビコマーシャルをするようなことがありません。そのような理由により価格を安くできるのです。
また地域密着型であることが多く、柔軟な対応してくれるのも特徴でしょう。

建売住宅は注文住宅とは違い、希望通りに建てるということはできませんが、購入後すぐに入居できるという利点があります。